姫緋扇水仙(ヒメオウギズイセン)とソバナが咲きました。

玄関前の木の根本に、ヒメオウギズイセンが咲きました。

f:id:walden:20170822091533j:image

ヒメオウギズイセンはこの色と見た目から「金魚草」と呼ぶ人もいますね。

f:id:walden:20170822091534j:image

また、デッキテラス前ではソバナも咲き始めました。コテージ周辺はこれとよく似たツリガネニンジンやホタルブクロなどキキョウ科の花が多いのですが、ソバナが咲くと「夏もそろそろ終わりかな」と感じます。

f:id:walden:20170822091535j:image

庭のアーチ下に生えている杉苔(スギゴケ)はその名の通りコケ植物の一種なので、ジメジメした天気が続いている今年はとくに元気ですね。

f:id:walden:20170822091536j:image

そろそろキノコも生えてきましたから、ぜひコテージ周辺を散策してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です