特別展「三国志」に行ってきました。

東京国立博物館で三国志展が開幕しましたね!

私も自称、三国志ファンなのでさっそく行ってきました。

今回の特別展はなんと、全作品撮影OK!
というわけで映える写真を撮りまくりです(笑)

最初の見どころはこちらの関羽像!
迫力満点!!

こちらは関羽に謝る張飛。いい表情してますね~。

私の好きな趙雲子龍の木像もありました。これは魏軍の包囲網を駆け抜けているシーンですが、よくみると懐に劉備の子をしっかり抱いているのがわかります。

あの有名な、孔明の10万本の矢のシーンの再現も。凝ってますね~。

大混雑を覚悟していきましたが、雨の平日だったこともあり意外と空いていてゆっくり見ることができました。

後漢時代に作られた石碑。この時代ですでにこれほど美しい文字を刻めたことの驚き。眼福ですなぁ。

横山光輝さんの原画も。これはあのシーンですね。

川本喜八郎さんの人形も多数展示。

普段は長野県飯田市の川本喜八郎人形美術館に展示されていて当然写真撮影は禁止ですが、今回の特別展ではこちらも例外ではなく写真OKでしたのでここぞとばかりに写真を撮りまくりました☆

ミュージアムショップも熱いッ!笑

これもらった人は、目の前で川に投げ捨てて激しく叱責しないといけないやつ!笑

ゲームメーカーとコラボした武将メーカーで写真を撮ってもらったら完全に張飛(笑)
酒グセまで判定されるとか、最近のAIはスゴイですね。

吉川晃司さんの渋い声でナビゲートしてくれる音声ガイドや、三国志入門的なナレーションもあるので、三国志好きな方はもちろん、三国志をよく知らない人も十分楽しめる特別展でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です