そば打ち

自宅静養中で東京の仕事もお休みさせていただいているので、ひたすら暇な毎日…。「できる限りベッドで寝ているように」と言われているのでベッドにノートパソコンを持ち込んで写真の整理していたら、前にコテージで嫁さんがそばを打ってくれたときの写真が出てきました。

▼水回し

まず粉に水を浸透。

f:id:walden:20150906192418j:image

▼こね

蕎麦の格言で、「一こね、二延ばし、三包丁」とか、「包丁三日、延ばし三月、木鉢(こね)三年」というのがありますが、そば打ちの工程で一番難しいのがこの「こね」と言われてますね。

コネコネコネコネ…

f:id:walden:20150906192419j:image

▼へそ出し

ひたすらコネコネして円錐形の塊が完成。

f:id:walden:20150906192420j:image

▼丸出し

めん棒を使ってそばの塊を延ばしていきます。

f:id:walden:20150906192421j:image

▼角出し・肉分け・幅出し・本延し

丸く延ばした生地を今度は四角に。

f:id:walden:20150906192422j:image

▼たたみ・切り

生地を畳んで、大きなそば切り包丁で切っていきます。

f:id:walden:20150906192423j:image

完成!

f:id:walden:20150906192424j:image

茹であがった蕎麦をすぐに氷水で冷やし、表面のぬめりを取っていきます。

f:id:walden:20150906192425j:image

f:id:walden:20150906192426j:image

キレイなお蕎麦ができあがりました♪

f:id:walden:20150906192428j:image

打ちたてのお蕎麦はとっても美味しかったですよ☆

f:id:walden:20150906192427j:image

そろそろ秋の新そばの季節ですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です