小鳥の巣箱を設置

夏にお泊まりいただいたお客様より巣箱の設置をご提案いただいて、「来年の春につけてみようかな~」などと呑気に構えていたところ、ふと気になってネットで調べてみると、

とあり、慌てて材料を購入して工作しました(笑)

参考にさせていただいたのは東北森林管理局のこちらのサイト
https://www.rinya.maff.go.jp/tohoku/syo/asahi/siryou/subako.html

工作自体は木を切って穴を開けて釘を打つだけなので、ものの10分で完成☆
安くて加工しやすいファカルタ集成材を使ったので、材料費も800円くらいでした。

さて、どこに掛けますかねー。

森林管理局さんのサイトによると、

子育て中の親鳥はとても神経質。
巣箱の中でびっくりすると、卵やヒナがいても二度と戻りません。

ということなのであまり近くに設置するのは避け、テラスからギリギリ見えるくらいのところに設置しました。

営巣してくれるかわかりませんが、ご滞在の時に探してみてください。

2 件のコメント

  • ウォールデンのテラスには鳥が頻繁に訪れるので、巣箱があったらそこに棲みついていつでも観察できるようになり、子供達も喜ぶかもしれないという安易な発想と願望でした。
    秋に設置しないと巣として利用してくれないとは、鳥の驚くべき習性ですね。
    是非、棲みついて欲しいです!
    巣箱に鳥が入る姿を見られたらちょっと感激ですね。

    • 飯田さん、ありがとうございます!
      うちの子も「鳥来るかな~」って楽しみにしているので、良いご提案をいただきました!
      棲みついたらまたブログでご紹介します!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です