自家焙煎珈琲とジャズの店『だぁーちゃ』さん

軽井沢の追分にある隠れ家的ジャズ喫茶『だぁーちゃ』さんに行ってきました。

f:id:walden:20110217212546j:image

玄関で靴を脱いでおじゃまします。

f:id:walden:20110217212547j:image

店内はマスターのこだわりが随所に見られ、この建物もご自身で作られたそうですよ。「まだまだ未完成」とおっしゃってましたが、ゆっくり時間をかけて、愛情を与えながら作られているのがよくわかります。

店内の一角には「焙煎室」もあり、焙煎したての珈琲豆の贅沢な薫りが漂ってきます。

f:id:walden:20110217212548j:image

今日は「ひょうたん島(700円)」という珈琲をいただきました。深煎りの珈琲と甘いバニラアイスが混ざり合って、カフェオレよりも濃厚な珈琲の美味しさを堪能できます。

f:id:walden:20110217212550j:image

このクッキーもマスターの手作り。ハーブ?の香りがして、珈琲に良く合います。

f:id:walden:20110217212551j:image

大きなスピーカーからは優しい音色でジャズが流れていましたが、スピーカーやアンプ、レコードプレイヤーは2,30年も前の年代物だそうです。

最近の音が良すぎるスピーカーは長く聴いているとちょっと疲れてしまいますが、『だぁーちゃ』さんのオーディオは音が柔らかくて疲れが癒されていきますね。

こちらに来られるお客様は長居する方が多いというのもわかります。

f:id:walden:20110217212549j:image

私も「ちょっと珈琲一杯」のつもりが、朗らかな奥様のお話が楽しかったこともあり、気づいたら数時間が経過していました。

ちなみに「だぁーちゃ」というのは、ロシア語で「菜園付の掘っ建て小屋」という意味だそうで、菜園を営んだり家畜を飼ったりして自給自足するための小屋をそう呼んだりもするそうです。

『追分コロニー』さんや『クィエラ』さんなど、追分には落ち着いた雰囲気の良いお店が多いですね。

追分というと別荘からはちょっと遠いイメージがありますが、1000m林道を使えば30分で行けちゃうので、またちょくちょく行きたいと思います。

自家焙煎珈琲とジャズの店『だぁーちゃ』さん(ブログ

住所:長野県北佐久郡軽井沢町追分1441-7

営業時間:午前10時~午後6時

定休日:水曜日

電話:0267-45-3951

ロシアに学ぶ週末術―ダーチャのある暮らし
豊田 菜穂子
WAVE出版
売り上げランキング: 194972
ダーチャのいのり
ダーチャのいのり

posted with amazlet at 11.02.18
木崎 さと子
女子パウロ会
売り上げランキング: 945117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です