天然のバルサン

今週に入って急激に気温が下がり、冬に向けて着実に季節が進んでいるように感じる今日このごろ。

落ち葉も増えてきました。

ここ数年、今の時期に庭の落ち葉を集めて焚き火をすることを続けているのですが、理由は「焼き芋を焼くため」ではなく、害虫駆除のため。

とくに根拠はありませんが、この時期に周辺の林を燻すと、春先から夏にかけて害虫が減るように感じます。

イメージは天然のバルサン(笑)なので、燃え上がらないように葉っぱを被せて、あえて不完全燃焼で煙をたくさん出しています。

これをやるには風が強すぎてもダメですし、風がなくても意味がありませんが、この日はちょうどよい風が四方八方に吹いていたのでまんべんなく周囲を燻せました。

さらに今年は、庭に群生しているペパーミントも大量に焚べてみました。

ペパーミントの虫除けスプレーもあるくらいですから、もしかして効果があるかなぁと。

もちろん焼き芋も焼きましたよ♪

秋の焚き火に害虫駆除の効果があるか、誰か研究してくれませんかね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です