佐渡旅行(アオネバ渓谷編)

初日は雨に降られましたが、メインイベントの登山で晴れてくれればぜんぜん問題ありません。ただ、翌日に縦走を予定している大佐渡山地を加茂湖から眺めてみると…なにやらおどろおどろしい雰囲気が漂ってますねぇ。

f:id:walden:20170511140031j:image

翌朝、出発前に加茂湖から。稜線に沿って雲がかかり、最終目的地・佐渡島最高峰の金北山は雲に隠れていて厳しい戦いになりそうです。

f:id:walden:20170511140005j:image

天候次第では撤退も視野に入れつつ、まずはアオネバ登山口にバイクをデポし、登山開始。

f:id:walden:20170511140006j:image

ここから最初の目的地・アオネバ十字路まで600mほどの標高差を一気に上りますが、樹林帯なので雨さえ降らなければ快適なトレッキングです。

なにより、5月の佐渡登山は花が最盛期を迎える時期なので、花を愛でながら歩いていけばあっという間に着くはず。

f:id:walden:20170511140007j:image

歩きはじめて数分でいきなりオオイワカガミの登場。

f:id:walden:20170511140008j:image

しかも群生!

f:id:walden:20170511140009j:image

写真ではよくわからないかもしれませんが、登山道の両脇すべてオオイワカガミが群生しています。

f:id:walden:20170511140010j:image

息つく暇もなく、今度はニリンソウの群生。

f:id:walden:20170511140012j:image

これもやはり歩道の両脇にひしめき合って咲いています。

f:id:walden:20170511140013j:image

この白いブラシ状の花はヒトリシズカ。ぜんぜん一人でも静かでもなく、ここでは大勢で賑やかに咲いています。笑

f:id:walden:20170511140014j:image

軽井沢あたりで1株2,000円ほどで売られているシダ植物のクサソテツも群生。

※山野草の採取は法律で禁止されています!

f:id:walden:20170511140011j:image

前日降った雨で沢が増水し、繰り返される渡渉ですでに靴はずぶ濡れですが、開き直ってジャブジャブと沢を歩くと逆に楽しくなってきます☆

f:id:walden:20170511140015j:image

キケマンも咲いていました。

f:id:walden:20170511140017j:image

エンレイソウ。アオネバ渓谷は白や黄など明るい色の花が多いので、黒いエンレイソウは逆に目立ちますね。

f:id:walden:20170511140016j:image

中間地点の落合に到着。ここまで大した距離は歩いていませんが、すでに300枚以上の写真を撮っていて、足元に咲く花を撮るたびにしゃがんで立っての繰り返しなので、スクワットを300回以上した計算になります。笑

f:id:walden:20170511140018j:image

花に見とれて予定よりも時間と体力を消耗してしまったので、そろそろ挽回していきたいところですが、今度はシラネアオイの群生!

f:id:walden:20170511140019j:image

f:id:walden:20170511140021j:image

アオネバ渓谷は次々と刺客を送り込んできて、なかなか休ませてくれません。笑

f:id:walden:20170511140022j:image

花の楽園に足止めされコースタイムもオーバーしていましたが、心配された天気もなんとか持ちこたえていて、のんびりしたトレッキング。

f:id:walden:20170511140024j:image

頭上ではしきりに小鳥が鳴いています♪

f:id:walden:20170511140020j:image

気持ちよく歩いているとふと桜の花びらが舞ってきたので、頭上を見上げると桜が散っていました。

実は気づかないふりをしていましたが、頭上でずっとゴウゴウと風の音が聞こえていたので、稜線に出たときが恐いですねぇ。

f:id:walden:20170511140025j:image

それはさておき、最初の目的地・アオネバ十字路まであとわずかというところで、ついに春の妖精「カタクリ」の登場。

f:id:walden:20170511140026j:image

写真ではわかりづらいですが、見渡す限りカタクリの大群生です!

f:id:walden:20170511140028j:image

日当たりの良い場所のカタクリは花被片が元気に開き反り返ってます☆

f:id:walden:20170511140027j:image

日差しがない花は下向きに閉じたままですが、しおらしく俯いている姿も奥ゆかしくて可愛いですね~♪

f:id:walden:20170511140023j:image

最後にザゼンソウも発見。まだ小さいですがこちらも群生していました。

f:id:walden:20170511140029j:image

ようやくアオネバ十字路に到着。予定ではサクッと1時間ほどで来られるはずでしたが、想像以上の花の楽園に魅了され写真を撮りまくってしまったのでかなりのタイムオーバーです。

f:id:walden:20170511140030j:image

予定外の写真撮影&スクワットで時間と体力を消耗してしまって、金北山までの縦走に不安を感じつつ、次回「大佐渡山地縦走編」をお送りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です