烏帽子岳~湯ノ丸山~角間山縦走

帰省中は毎日食べ過ぎ飲み過ぎ運動不足で3kg近く太ってしまったので、コテージから車で30分の湯の丸高原へダイエット登山に行ってきました。

f:id:walden:20170711092944j:image

まずは巻き道で烏帽子岳を目指します。

f:id:walden:20170711092945j:image

この日も各地で猛暑でしたが、木陰を抜ける快適なトレイル。今日はトレランスタイルで走っていきます。

f:id:walden:20170711092946j:image

人気のある山なので下草も刈られてきれいに整備されています。

f:id:walden:20170711092947j:image

湯ノ丸山とのコル(鞍部)に到着。目指す烏帽子岳が正面に見えますね。

f:id:walden:20170711092948j:image

いよいよ烏帽子岳への上りに入ります。

f:id:walden:20170711092949j:image

稜線に出たら頂上まで一気にゴー!

f:id:walden:20170711092950j:image

と思ったら実は偽ピークで、頂上はまだ先。知らないとここで心が折れます。笑

f:id:walden:20170711092951j:image

ピーク直下は急登のガレ場。これを上りきれば…

f:id:walden:20170711092952j:image

烏帽子岳到着!…と思いきや、あれ?”小”烏帽子岳?笑

f:id:walden:20170711092953j:image

烏帽子岳は稜線上に2つの尖峰をもつ烏帽子状の山容なので、もうひとつピークがあるんですね。

烏帽子岳までの稜線歩きは、右手に浅間山麓、左手に北アルプスを見ながら天空を歩いている気分で、疲れが吹っ飛びます♪

f:id:walden:20170711092954j:image

この岩、亀さんが頭を伸ばしているように見えませんか?

f:id:walden:20170711092955j:image

大きな岩がゴロゴロした岩場もアスレチック感覚で楽しく登っていきます。

f:id:walden:20170711092956j:image

今度こそ、烏帽子岳頂上!(2,066m)

f:id:walden:20170711092957j:image

さて次は一旦鞍部まで降りて湯ノ丸を目指します。

f:id:walden:20170711092958j:image

湯ノ丸までは急登が続きますが、木陰が多いのが救いです。

f:id:walden:20170711092959j:image

ジリジリと照りつける強い日差しに耐えて登っていくと頂上が見えてきました。

f:id:walden:20170711093000j:image

湯ノ丸山頂上(2,101m)

f:id:walden:20170711093002j:image

振り返ると烏帽子岳が見えますね。

f:id:walden:20170711093001j:image

まだ時間と体力に余裕があったので、さらに角間山を目指します。

f:id:walden:20170711093003j:image

稜線を歩いていくので、鍋蓋山や棧敷山、村上山など、おなじみの山がよく見えますね。

f:id:walden:20170711093004j:image

角間山が見えてきました。

f:id:walden:20170711093005j:image

角間峠に降りて、笹薮の道を登っていきます。

f:id:walden:20170711093006j:image

こっちは大きな岩がゴロゴロしてますね。

f:id:walden:20170711093007j:image

鎖場もあるので、湯ノ丸山や烏帽子岳と比べると少し難易度が高いかも。

f:id:walden:20170711093008j:image

角間山頂上(1,981m)。奥に烏帽子岳が見えますが、こうしてみると結構遠くまで来ましたね。

f:id:walden:20170711093009j:image

ここまで来ると浅間山も見えます(左奥)。

f:id:walden:20170711093010j:image

最後はつつじ平を通って下山。

f:id:walden:20170711093011j:image

狙ったわけではありませんが、走行ルートが「鶴舞う形の群馬県」的な軌跡になりました(笑)

f:id:walden:20170711103341j:image

3座をピークハントしたおかげで体重は戻ったものの、下りで盛大にすっ転んでタイツに穴を開けてしまいました。

https://www.relive.cc/view/1076346272

f:id:walden:20170711103340j:image

このあたりの山域は体調などに合わせて柔軟にルートを決められるのがいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です